株式会社 朝

障害福祉支援・放課後等デイサービス|株式会社 朝

コンテンツ

ブログ

 

HOME»  活動での取り組み

活動での取り組み

利用者目線・保護者目線
当事者である私たちだからできる、利用者や保護者の目線に立った活動や支援を大切にします。

 

総合福祉施設
放課後等デイサービス、児童発達支援、日中一時支援、相談支援、就労継続支援B型などライフステージに合わせた安心に繋がる総合福祉施設を目指します。

 

余暇支援(体験型療育)
特別外出メニューなど多様な体験を通し、療育手法を創意工夫して取り入れ、ご家庭では取り組みにくい活動を心掛けております。
地引網、(臨海教室)におけるお泊り体験、バーベキュー、ボート体験、農作業(安納芋など自社農場)、貸し切り釣り船で利用児に適した釣り体験、映画鑑賞、参加型コンサートの開催、博物館、障害児向けのポニー乗馬、プールなどの外出体験を行っております。

 

学校、地域との連携
単に学校への見学などにとどまらず、子供一人一人の療育内容・検査データ等を学校と頻繁に連携することで適切な役割と効果的な療育に繋げたいと考えております。
学校、保護者、地域の団体、施設の4者連携会議を行うなど、地域での情報交換や連携体制を構築し、地域に根差した活動を活性化させていく所存です。

 

大きな施設
指導訓練室における障害児1人当たりの床面積は2.47m2以上(定員10名で24.7m2)の目安の中、一般的に40m2~60m2の施設が多い中、弊会施設の床面積は100m2~300m2となっております。
「大きな施設」は、久里浜養護学校や療育センターなどを参考に、目的別(トランポリンの設置、学習スペース、作業スペースなど)に構造化し、障害の特性や学年ごとのチーム単位で利用できる施設の構築を目指す為です。
また、グループ施設の合同研修、新人研修など職員教育の場としても有効に活用でき、スキルアップを心掛けております。

 

活動での取り組み


  サイト紹介(VOICE ME BASS T ミニコンサート)http://vmbt.blog100.fc2.com/